海外FXブローカーとして人気のiFOREX

fs88df

iFOREXは海外のFXブローカーの中でも人気の業者です。何が人気かというと、iFOREXでは取引を行なうための口座開設が非常に簡単ということです。開設から取引まで面倒というのはこれまでのFX業者の常識でしたがiFOREXの場合、それは否定すべき点です。メールアドレスとクレジットカードだけあれば取引がすぐに開始できるのがiFOREXの特徴なのです。

iFOREXで取引を始める手順はまず、公式サイトでクレジットカードの情報を入力し、口座へ入金すればFX取引がすぐ開始できます。出金のさいには身分証明書等の提出が必要となりますので注意してください。なぜ身分証明書が必要なのかというと、マネーロンダリングを避けるためです。身分証明書を提出することが口座開設の手順となります。iFOREXでは出金作業を始めるまでにこれらの手順を終わらせればよいので、後でもできます。

iFOREXが提供している機能は海外のFX業者ならば至極平均的なものです。さまざまな要素を見ても優れているところは特にありません。ではなぜiFOREXの人気が高いのかというと、日本語対応が大変優秀ということです。日本語向きの公式サイトは海外業者が作っているとは思えないクオリティで、日本人が作っているのではないかと思うくらい素晴らしい日本向けのサイトとして機能していますので、そういった面が人気の秘密と言えるでしょう。FX初心者のやり方にあっていると言えますが、こうした点が優れているということで、FXのベテランはiFOREXを使うことはまずないと言えるでしょう。

iFOREXでは1日の取引金額が事前に決定されてしまいます。初回入金で1日の証拠金最大金額が決まるので、その日に利益が上がっても、その利益を使ってポジションを増やすということができないのです。iFOREXを使うならこの点に注意してください。

スプレッドですが、iFOREXのスプレッドは他業者と比べて平均的です。取引を行なうときに使うiForexのツール関係も特に目新しいものがあるというわけでもなく、違いがあるとすれば「チケット」と呼ばれるキャッシュバック制度があることぐらいでしょうか。取引額に対してキャッシュバックされるというシステムがあります。ただ、やはりFXに慣れた人はiFOREXをメインに使うのは物足りなさを感じる可能性もあります。

トレーダーからのお話

私の昨年の投資パフォーマンスは日経平均株価の上昇率を上回りました。昨年は日経平均株価の一月の始値から12月の終値までの価格差がそれほど大きくなかったので、私の投資成績は日経平均株価の上昇率よりもよかったのだと思います。

なんといっても、昨年5月に株価が高値から暴落したときに私は勇気を振り絞って株価を買い始めて、その株式を年末までに売ってしまったことがこのような成績を出せた原因だと思います。

私の今年の株式取引のやり方は、日経平均株価が14000円から15000円程度を行ったり来たりしているので、14000円付近で株式を買って14500円から15000程度で株式を売り抜けるやりかたで取引をしています。