急速に人気を高めているTradeRush

fssdf

TradeRushは、2011年にキプロスでEdbruke Investments Ltd.によって設立された、欧米などで大きな支持を得ているバイナリーオプションの業者です。 日本では金融庁がバイナリーオプションを規制するため、今後このような海外の業者と同じような条件で取引をしていくことは難しくなっていき、大手のワイバイナリーと言うようなところしか残らなくなってくるものと予想されます。。

そのため、日本国内でも利用者はさらに増えていくのではないかと予想されています。しかし、海外の業者を利用するということには、少なからず抵抗をおぼえる人もいるのではないでしょうか。ですが、TradeRushに関するかぎり、そのような心配はまったく無用だといえるのです。

その点について述べていきましょう。まず、何といっても重要なのは言葉の問題でしょう。何しろ金銭のことですから、何か問題やトラブルが起こったときに言葉が通じないのでは非常に困ってしまいます。しかしTradeRushでは電話サポートに日本人スタッフが配置されているので、その点はまず気にする必要はありません。デモ口座を開設するところからも、サポートに依頼をするだけで簡単にできてしまうのです。

また、少額から投資できることも非常に大きなポイントでしょう。やはり大きな金額をいきなり失う可能性もある投資に使うことには、多くの人が抵抗を持っていると思います。その点、TradeRushではたったの500円から投資することができますから、仮に負けたとしても大きな負担となることはないでしょう。

さらに、ハイ・ローなどの取引で負けたときにも、ほかにはまずない10%のキャッシュバックがあるのも大きな点です。わずかとはいえ全額失ってしまうのと、少しでも返ってくるのでは、気持ちの面でもずいぶん違うものがあるでしょう。

またほかにも、少し変わったシステムとしてエントリー待機時間があるのも特徴的です。これは、エントリーした後でも一定時間のうちはキャンセルもすることができるというもので、たとえばタイミングをはかりそこねて、思わぬレートで注文が出てしまった場合などに用いたりします。

特に60秒オプションではこのようなタイミングに大きくかかっている部分もあるので、うまく使えるようになればリスクを大幅に減らすことができるでしょう。また、多くの業者と同じように、TradeRushでもスマホから取引できるアプリも用意されています。このように日本人利用者にとっても実にメリットの多いTradeRushなのですが、やはりデメリットがないわけではありません。

それはたとえば、少額から投資ができる分、逆にあまり高額な取引はできないという点です。同じ海外のバイナリーオプション業者でも最大手の24optionなどでは、最大で200万円までの高額投資などが可能となっています。やはり大きな利益を得ようとするには、それなりの投資が必要となるので、そのような取引がしたい人には満足できないところもあると思います。

また、同じように24optionと比べると、若干ではありますが約定時間が遅いともいえます。ただしこれは、取引しているときにはまったく気がつかない程度なので、ほとんど考える必要はないでしょう。私個人的な意見ですが、TradeRushのツールは、24Optionのツールよりも充実しているように感じました。

トレーダーからのお話

私の昨年の投資パフォーマンスは日経平均株価の上昇率を上回りました。昨年は日経平均株価の一月の始値から12月の終値までの価格差がそれほど大きくなかったので、私の投資成績は日経平均株価の上昇率よりもよかったのだと思います。

なんといっても、昨年5月に株価が高値から暴落したときに私は勇気を振り絞って株価を買い始めて、その株式を年末までに売ってしまったことがこのような成績を出せた原因だと思います。

私の今年の株式取引のやり方は、日経平均株価が14000円から15000円程度を行ったり来たりしているので、14000円付近で株式を買って14500円から15000程度で株式を売り抜けるやりかたで取引をしています。